2017/04← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2017/06
+message for you+

いつも遊びに来てくれてありがとう☆
なかなか会えないお友達へ
ひーたんはこんなに大きくなってます♪

スポンサーサイト  
--/--/-- /--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-) Page top↑

出産の話②  
2006/06/04 /13:42
5/30の出産の話の続きです。。。
今頃になってしまいました。


ようやく陽も昇ってきて、朝になりました。
陣痛の痛みも、7~8分間隔くらいになってます。

6:30検温
検温どころじゃありません!
NSTしてもらいながら、必死に助産師さんへ
「まだまだですか・・・結構辛いです~」
って言っては見るものの、
「もうちょっとかかるねぇ~。
しっかりご飯食べてね。体力勝負だからね」と。

7:00
朝食
陣痛の合間にロールパンとヨーグルトとフルーツを少しずつ、
食べました・・・
(この時もっと食べていれば、もっと力が出て
早くお産終わったのかなぁ。。。)
助産布さんも、「もしかしたら午前中産まれるかもね。
旦那さんに連絡してくるね」って言ってくれました。

午前中生まれてくれないと、困る・・・
疲れたよ~眠いよ~

9:00
ようやく陣痛室へ移動。
その後、いろいろな前処置(ご想像にお任せします)をしました。

陣痛室の壁は陣痛の痛みを和らげるため?
何故か癒し系の模様でした。
いきみのがしに使うテニスボールや、お気に入りのCDを
聞けるためのCDコンポがあったりしましたが、
テニスボールは持参済み、お気に入りのCDは
里帰り時に持って来ていたのに、入院する時に忘れちゃいました。。。

いつの間にか旦那が会社から到着していて、
鬼の形相の私を見てびびってました。
「早く腰とかツボ押して、楽にして~」って、
いきみのがしのお手伝いをお願いしていたのに、
旦那ってば全然力が入ってないのか、痛みのほうが強いのか、
はっきり言って役に立ってませんでした。。。
助産師さんは「まだ子宮が開いてないから、時間かかるよ」
って冷静に言ってきます。

でもでも、陣痛の間隔はますます早くなり、痛みも最上級!
どうやら、9:00の段階で陣痛促進剤が投与されたみたい。。。
すごい痛いと思っていた陣痛もまだまだ上があったのね。

11:00
いきみのがしも限界があって、更に私の根性の無さも手伝って、
助産師さんは半ば呆れ気味?で、分娩台へ移動させてくれました。

(あー、これでツルンっとあっという間に生まれるわー!)

普通は分娩台へ上がって何回かのいきみで産まれますよね?!

でもでも・・・
何度いきんでも、ちーっとも出てきてくれません。
いきむ力が足りないのか?根性が足りないのか?
しまいにはいきむ回数を減らされて、
ためたパワーで一気にいきむ作戦?!に変更になりました。

・・・それでもちーっとも産まれません!!!

しまいには、私・・・疲れちゃって・・・

陣痛の合間に寝ちゃいました。
ほんの一分ですけど
何度か寝ちゃいましたね~


そして、ようやく!!!
ひーたんの頭が見えてきてくれました!
その助産師さんが先生を呼んできてくれて、
いよいよです!

・・・予想以上に


ひーたんでかい!


急遽、吸引分娩になりました。
頭が見えてから・・・後は地獄絵図です。
助産師さんが私のお腹の上に馬乗りになり押して、
先生が吸引してひーたんの頭をひっぱって、
看護婦さんが私のいきみを手伝って・・・
総勢5名での大大出産ショーです。

ついに!


生まれました


12時12分、4230g、56cm、元気な産声のひーたん誕生です。


産んだ直後は妙にハイテンションの私で、
やたらと看護婦さんと話してました。
旦那の方がぐったりしてたなぁ。。。
(しかも旦那は胎盤とへその緒を見ちゃったらしい)
ハイテンションな私もやっぱり、大量出血したり、
寝不足とかで、気分が悪くなり、その後夕方まで
分娩台の隣の陣痛室で休んでました。。。

一年前のことなのに、妙にリアル覚えているもんだなぁ。
陣痛の痛みは忘れかけてるけど、産んだ直後のあの達成感は
忘れられません!
あの瞬間を味わいたいから?!、二人目欲しいな~って
思う今日この頃です。







スポンサーサイト
[ひーたん]出産 Trackback(0) Comment(9) Page top↑

出産の話①  
2006/05/30 /18:22
いつかひーたんを産んだ時の話を書こうと思っていて
どうせなら一年後の同じ日が良いかな?って思ってました。
お暇でしたら読んでね。
ご自分の時と比べたり、思い出したりしてください~


2005年5月30日
予定日から遅れること1週間。
相変わらず子宮口は1cmしか開いていないし、
陣痛もおしるしもなし。
5月30日に計画入院することになった。

14:30
実家の母と旦那に付き添ってもらい入院。

16:00
子宮口を開くための処置としてラミナリアを挿入。

17:00
夕食
メニューは忘れました。
そういえば、テレビで双子山親方の訃報がトップニュースで
流れてたっけ。

トイレに行ったら、軽く出血していた。
これはもしかして「おしるし?」っと思いつつ、
相変わらず陣痛はないのでそのまま過ごしてた。

18:00
おやつ
出産した産婦人科は、夕食の後におやつが出ました。
和菓子と洋菓子の交互でした。
この日はプリンアラモード(でもコンビニの)
甘いものは大好きなので完食!
(出産までにきちんと食べられた最後の食べ物だったけど・・・)

その後お風呂も入れなかったし、することも無かったので、
テレビを見ながら、呼吸法を練習したりして
22:00くらいまで過ごしてました。
旦那ともメールのやり取りをしてました。
書いてなかったけど、入院してから何度かNSTはありました。

軽い陣痛が始まったのもこの頃だったかな?
(今にしてみれば、旦那とおやつが出たよとか、
くだらないメールをしているくらいなら、
この時に仮眠を取っておけばよかったのよ・・・)

23:00過ぎ
軽い陣痛が重い生理痛へ、更に痛くなって間隔も短く!
眠たいのにちっとも寝さしてくれません!
そうそうひーたんはずーっとお腹の中でぐにゅぐにゅ
動きっぱなしだったね。。。


多分明け方まで細切れでしか寝られなかったと思う。。。
途中、助産師さんが何度かNSTをしがてら様子を見に来てくれてたけど、
「だいぶいい陣痛が付いてきたね~でもまだまだだねぇ」って
のんびりな口調。
(このとき既に限界状態なんですけど!!!)

夜中中ずーっと時計と睨めっこしてました。。。

早く産ませてくれ~



次の日のお話はまた明日書きますね。



[ひーたん]出産 Trackback(0) Comment(4) Page top↑

home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。